通信制高校の問題点について

通信制高校にはいくつかの問題点があります

通信制高校にはいくつかの問題点がありますスパルタ式の授業を行っている学校も存在します高校の選択には十分注意しておく必要があります

通信制高校にはいくつかの問題点があります。
一つは、授業料の高さです。
基本的に私立で運営されていることが多いので、通信制高校の通学に必要な授業料や入学金などは大学や予備校などと同じぐらいと考えたほうが良いでしょう。
更に、授業料が高くても授業が半日で終わってしまうことも多く、場合によっては受験対策も徹底されていないので、大学受験が困難な場合もあります。
しかし、最近では授業料の安価な通信制高校も存在します。
学校側のサポートは限られてしまいますが、通常の通信制の学校とは違って授業料が大幅に安くなっているので、単位の認定や高校卒業資格を手に入れたい方には都合が良いでしょう。
一方で大学受験を専門に行っている学校では、授業料が高めになっています。
大学や専門学校入学などを考えている場合は、授業料や入学金などのお金の計算を考えた上で入学させるようにしましょう。
ふたつ目の問題点は学校によってはいじめが存在することです。
通信制の学校ではいじめられた子供が通うこともあるので、学校の教師陣は生徒を厳しく監視していることが多いですが、授業料の安い学校ではいじめが見過ごされてしまっていたり、問題のある生徒が野放しにされていることもあります。
このようなことを放置している学校がいくらかあるので、事前に学校の様子を見学することが重要です。
可能であれば、インターネットなどから情報収集をする方法も良いでしょう。
学校の非公式の掲示板サイトやSNSなどを確認して、学校に通っている生徒の様子を調べてみることができれば、安心して通学できるかどうかがわかるようになります。

海外ルーツ中学生の進学先
→ 一般受験で高校
→ 在京枠で都立高校
→ 夜間中学
そして、最近はこれに
→ 通信制高校(例:N高校)

— himawari🌻 (@sun_flower_hk) 2019年4月11日

通信制高校ズバット 通信制高校比較|ウェブクルーグループのサービス